2012年04月29日

4/27 練習試合

お疲れ様です。

今回はムロタがお送りします。




日時・場所/

4/27(金) 21:45〜24:00
MFP奈良




メンバー/
狩野(#10)、杉田(#21)、西村(#17)、太田(#20)、中谷(#6)、室田(#7)、植田(#)、斎藤(#9)

西村(昌)






試合結果/


× MFP nara CASA
1×12

得点/(アシスト)
室田(植田)



× Atletico futsal club DELICIA GIOCARE
4×10

得点/(アシスト)
植田
杉田
斎藤(室田)
室田(斎藤)




完敗でした。
力に差があることはわかっていても、今回は試合に入る前
結果もこだわっていこうと、やりはじめたのですが、、



いつも言っている先制点を相手にとられない所だったのに、とられたのが響いたのか、、


やっぱり先制点を取るか取らないかで、流れが大きく違うと考えさせられました



ディフェンス面は、後手後手で相手にいいようにやられる、いやな感じ
新しい形でやっていることとか、関係があったかもしれないですが、
守備やからといって、相手がくるのを待ちすぎていたような気がします。
ずっと見ているだけじゃ、攻撃する側からすれば、なにも怖くないと思いました。


状況にもよりますが、守備もときには、攻めるプレッシャーを与える守備をしていきましょ!
そうすることで、相手がミスして、こっちの攻撃につながることになりますしね!




攻撃面は、これも状況によりますが、勝負していく場面がすくなかったかな
パスをつなぐことを意識してやってきていますが、パスばかりを考えてしまっていたのではないでしょうか
シュートの意識もありましたか?ゴールまでのイメージどうでしょう?
練習試合ですから、どんな相手にも挑めるときは、挑んでいきましょう!
きっと得点につながってくる




今回の練習試合は偶然負けでしたが、次の試合は勝つことしか考えられません




以上、ぼくが勝手に思ったことでした。




勝利する僕たちに乾杯!


イーストヒルズ!





image-20120430215944.png


image-20120430220030.png


image-20120430220105.png


image-20120430220132.png


image-20120430220212.png


image-20120430220239.png

posted by イーストヒルズ at 22:27| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

5月スケジュール

4日(金、祝日)
練習
19:00〜21:00※時間注意!!!
@ASPAフットサルクラブ


5日(土)
学年対抗フットサル大会
18:00〜20:30
@平群総合体育館




11日(金)
トレーニングマッチVS Esforco(奈良2部)
22:00〜24:00
@ASPAフットサルクラブ


12日(土)
トレーニングマッチVS COMPANERO(奈良2部)
14:00〜16:00
@ラボーナ高山




18日(金)
練習orトレーニングマッチ
22:00〜24:00
@ASPAフットサルクラブ


20日(日)
練習
18:00〜20:30
@平群総合体育館





25日(金)
トレーニングマッチ
VSMFP奈良、デリシア
21:30〜24:00
@MFP奈良



27日(日)
☆リーグ☆
18:00〜20:00
@羽曳野フットサルボランチ





posted by イーストヒルズ at 20:33| Comment(0) | 連絡事項・スケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

4/21の練習試合

まさつら改め、にっしんです。



4/21の練習試合報告致します。


時間/20〜22時

場所/羽曳野フットサルボランチ


対戦チーム/
ジャンキーズ



メンバー/
狩野(#10)/太田(#20)/小南(#6)/斎藤(#9)/中谷(#6)/槌野(#15)/西村(#17)/植田/


練習生/
西村(昌)


1.Score/ 2-1
・set/
太田/斎藤/中谷/植田/西村(昌)

得点/(アシスト)
太田(中谷)/太田(中谷)


2. score/ 2-0
set/
小南/狩野/槌野/西村/西村(昌)

得点/(アシスト)
小南(狩野)、狩野(小南)



3. score/ 1-2
set/
小南/西村/植田/中谷/西村(昌)

得点/(アシスト)
小南(中谷)


4.score/ 1-0
set/
狩野/槌野/太田/斎藤/西村(昌)

得点/(アシスト)
太田(狩野)


5.score/ 1-0
set/
狩野/植田/小南/斎藤/西村(昌)→中谷
得点/(アシスト)
狩野(植田)


6.score/ 0-0
set/
太田/狩野/西村/中谷/西村(昌)

得点/(アシスト)
なし


7.score/0-1
set/
狩野/太田/植田/斎藤/西村(昌)

得点/(アシスト)
なし


8.score/ 1-0
set/
全員出場

得点/(アシスト)
西村昌


total score/ 8-4




● Match Review

・この勝利はチームに差し込んだ新たな光明か。

久しぶりの勝利である。
思えば最近の練習試合は結果と内容が上手く結びつく試合がそれは少なく、ブログを書く私の文脈も
マイナー調の言葉が目立ち、読んでいる方にチームの活気を伝えられているのか不安であった。

しかし今回の練習試合では相手は確かに個人技主体、裏のスペースにボールを放り込んだりと
サッカーイズムが多く感じられる相手ながらもしっかりと自分たちのやるべきことを
少しずつではあるがチャレンジし、いい結果を報告できる結果となった。


いよいよ月末を迎えビッグマッチ、大会と続く。

絶好の個人、チームの心身の成長を確かめる良い機会だと思う。

コンディションを良好な状態で維持することはなかなか容易ではないし、チームが先日、守備方法の舵をきり直すなど発展途上が故、方向転換の多いチーム事情に噛み合わない部分もまだまだあるかもしれないが、ブレる事なく今の私たちのイズムを出し切れる試合にいていこうではないか。



というわけで本題へ。

この日の勝利は全体的な面で捉えればプラスだが、例えばヘドンドも時折顔を覗かせはするが、
試合中に相手を脅かす戦術にはなっていない。

キックインひとつにしても一夜漬けとは言え、先日から声高に言われるコミュニケーションを各自が試合中からもう少しとれば、修正はできる部分はあった筈だ。

得点という目に見える結果に繋がったとはいえ、楽観的思考は禁物だ。



とは言うもののこの日もみんな輝いていた。


普段のことを思うとこの日の試合は1試合目から非常に落ち着きを持ってゲームに集中出来ていた。


イーヒルにとって最初の試合は鬼門であり、なかなか勝ちから遠ざかるのだが、手堅く勝利に導けたと思う。

まだまだ良くなる傾向が感じられる太田、植ちゃんはフィールド上のバランスを見る対応力、戦術的観点から見ても高いインテリジェンスを感じさせていた。
加えて要所で見せる個人での打開力にも力を感じ非常に良いアンビエンスを醸し出し最早二人のオリジナリティはチームにとって必要不可欠なものとなっている。

1試合目から(1st?)出ていた中谷もまたフィクソの位置に居る際は非常に守備に高い適応能力を発揮、ボールキープ、クリアも判断はよかった。
只、アラで貰う際、もう少しパス&ゴーや、体を自陣に向いてボールを受けるのではなく、ゴーみたいにぎりぎりまでサイドに開いてみたらと思った。

誠もどんどんプレーの質も向上しており、外で見ていてもその成長を眺めれる私は幸せを感じる。

しかしもっとボールを要求する動き、声の質(要求のタイミングとか)向上は必須だ。
得点こそなかったがチャンスもあったので頑張ってほしい。


そして2試合目から登場の我がチームの代表こと、狩野はピッチ上でも攻守に絶妙なプレーを見せ、躍動していたがこの日は監督業として振るタクトに言及したい。
その采配は的確且つ、チーム内の活性化を齎す(もたらす)ものだと評価したいからだ。

チーム内の約束事、戦術面の浸透、守備面の強化の為、言葉は悪いが、まるで手練手管に裁き有限の練習試合を価値あるものにしてみせた。


人を適材適所にシャッフルすることは、ともすればバラバラになりがちな部分も偏重の無いように、コントロール出来ていたと思う。

特にこの日の得点源がコーナーやキックインとなっている中で、(これはこれで、成長の跡が伺える)
いくつか相手を崩し、得点のチャンスを生み出したり、また実際に得点出来ていた場面を思うと、様々な組み合わせで展開出来たことは収穫である。


だが、…である。
私とこみっちが一緒に出る試合に関して言えば改善の余地は大有りだ。

ああもトランジションの際、選手間が間延びしてしまうのは重傷。
こういう時こそお互いが話し合いを行い、ベストアンサーを導かなければせっかくの長所も宝の持ち腐れになり兼ねない。

特にこの日も手堅くそして着実に、得点を決めるこみっちのプレーを見ていて私は感じたわけだ。


逆に槌野はそういった動きに対して、非常に高感度のアンテナを携えており縦に、スペースにパスを何度も通していた。
今後は更なるパスの精度アップと、へドンドなどを行おうとする動きをもっと発信出来る立場として君臨すれば、それはおのずとチームの武器となり、魅力にもなると思うのだが。


そして!この日、3/11の練習試合以来のゴールを決めた西村さん。
全試合を通して、幾度も相手の好機を潰すビッグセーブを連発。
まだまだ今のイーヒルはこの方に救われている部分があまりに多い。

守備がまだまだ拙い事を証明している。


存在感も抜群だったが、最近は非常に冷静にチームの状態を鑑みて説明もしていただける、有り難い立場にいてくださっている。
今までこういった立場からこのチームを見る方がいなかったので、この現状は非常にありがたい。



兎に角、良い意味で西村さんが力を抜ける、そんな成長も私達には求められている気がする。







・コンセプトの明確化を。

今期の目標は決まった。
あとはこの目標達成に向けてのガイドラインを策定し、チームのオリジナリティ、つまりコンセプトをクリエイトすることだ。

簡単に言ってしまえば、バルセロナがチャンピオンズ・リーグ、リーガ、国王杯といった、三足の草鞋(わらじ)を優勝に向かってどう運営すべきかもっと明確にしようよ、といった所だ。


では皆にどこまで心に留めてもらえるのか不安ではあるが、私なりではあるが上述のバルセロナを例に参考程度ながらここにプロポーサルしてみようと思う。


・育成面
今シーズンは例年以上にカンテラから充実の昇格でチームは更なる高みへと上り詰めている印象。
たとえば…チアゴ・アルカンタラ、クエンカ、テージョの積極起用とかだ。
グアルディオラは彼らの能力や、ポテンシャルを高く評価、常にローテーションの一角として辛抱強く起用している。
(例えば、T・アルカンタラはデビューした際、ポテンシャルは高評価だったが、トップデビューは尚早という記事もあった)
しかし試合に出す事でより長所を磨き、トップチームのレベルに沿ったイズムを叩き込むわけだ。

選手補強の面も忘れてはならない。ウディネーゼからA・サンチェスを獲得、アーセナルからはセスクを獲得
これで戦術、選手層の厚みも増せるわけだ。

つまり選手の交代、オプション、にも意味と実際の幅を利かせれる訳だ。


イーヒル内にすべてを置き換えて話すのは無理があるが置き換えるなら誠、むろっち、植ちゃんの積極起用は、戦術面の強化、連携面の向上にもいずれ繋がる。

また育成面とシーズンの戦局を見据え、私みたいな選手で時間を上手くコントロールし、試合終了まで凌いだり、主力回復のカード、または主力温存用としての起用として重宝出来る育成が出来れば本人の経験も積ませる事が出来、一石二鳥だ。


補強面で言えば、西村さん、中野さん、中井、たつや、壮司、ひでと…といった即戦力の練習生の方々をチームへの加入に導けるか…と言ったところだろうか。


・戦術面
バルサなら如何にタッチ数が限定されながらも、テクニカルにそしてイマジネーション溢れるパスサッカーに昇華できるかに限る。
そしてより攻撃力とポゼッション力を高める一つのオプションとして、今シーズンは3���4���3に着手。

イーヒルなら、へドンドを攻撃的手段の中心に据え、そこからパラ、エル、ワンツー、落とし、ピヴォ当て、…といった所を如何に精度を上げ、更にパスをより的確に繋げれるか、といったところだろうか。
まあまだまだオプションを備えることこそがチームのオリジナリティを創出するわけだが。



とまあ、駄文がのらりくらりと続いたが…
コンセプト、であるが
イーヒルのやりたいスタイルはある程度決まってはいるけど(一貫した○○の戦術、○○の守備、○○を軸にした攻撃)
よりはっきりとこういった戦い方=スタイルが確立されれば、それがイーヒルのカラーとなり、内外に対してチームのイメージを植え付けれるのではないだろうか。
それが上手くいってるチームが少ないのは確か。だけど3部のうちからチャレンジする価値は大いにある。

形が整い、整備されたチームほど強く逞しく魅力的なものはない。





・試合終了後の、MTGでのコメントをここでは取り上げたい。
直後の言葉を文章化してみた。



西村(真)

この日勝てたことを先ずは喜びましょう。

なかなか結果と内容が結び付かなかった日が多かったが、メンバーを変えながらも、いろいろと試せた部分はあった。


キックイン、コーナーの練習をしたが上手く出来ていない部分が目立っただけに、課題として心に留めておかなければいけない。


太田

前日のキックイン、コーナーの練習はしたがもっと形に出来た筈だし、制度を高めて、もっとコミュニケーションも取りながらやっていいと思う。
(チョン、ドンとかはもっと良い形に出来た筈)



中谷
ワンツーとか、良いところで形として見えてきた部分もあるので、
引き続きこのまま頑張っていきましょう



・槌野
練習試合は久しぶりだったが、ハーフのマンツーマンがしんどかった。

裏を取られ、カバーに追われる時間帯が長かったので裏を取られないように、改善しなければならない。



・西村(昌)
マンツーマンを始めて凄く良い感じだったが、裏を取られすぎ、マンツーマンでついていけてない→ここはみんなで意見出し合って修正出来ると思う。

後ろから見て距離感が掴めていない。
クリアランス後、直ぐにマークをつける様に徹底してほしい。

マークに付くのに、相手に対して背中向けて走るのはダメ、相手陣を見ながらバックステップで帰ろう(相手のリスタートが早かった場合、悠長にしていられない筈)

ゾーンに戻る、帰ろうとする癖がある

相手に変わった段階から、マンツーマンでつく。

引かないと行けない意識になってしまう

ゾーンの意識で、もどってしまってダイヤで帰ろうとしてしまう

マークがかぶってしまう。
一枚浮いてしまう。

自分のマークが誰か自己主張する



植田

ピヴォが強い相手に対しての駆け引きが少ない。
何回も同じ崩され方をしない、繰り返させない。

当てられて厳しい相手にもたれられている又はもたれているだけなら、引くなど何らかの仕掛け、対策があっても良いのでは?

それをもっとピッチ上で話し合って対応していかなければならない。

例えば強い相手に対して服を引っ張ったり、押したり、見えない所でファールにならない程度での駆け引きが必要。

あまりにクリーン過ぎる。

上のリーグに上がっていった時に簡単に去なされて、良いようにカウンターを喰らってしまいかねない。

潰せるときにきっちり対応出来るようになっていきましょう。





ミドルレンジからのシュート意識がすくない。
もっと打つ意識を持っても良いはず。



小南
シュート意識はいいが、焦って意味の無いシュート、
また持ち過ぎてコースを消され、無理にパスして取られる。

質を自分たちで悪くしてしまっている。

2タッチとか、シンプルにつなぐ意識、(バルサ的な)
持ったら直ぐ仕掛けるくらいの意識があっても良いのでは?

次にどういったプレーが求められているのか考えながらプレーしていく。


西村(昌)
※こみっちの話のあとに話された分、追記


自陣でのキックインでのポジション
位置(間隔)空け過ぎ

キーパーもフォローするが、限界がある。
底3枚でカバーしたり対応策を考えるべき。




狩野

ディフェンス面を重視していたが、
失点、やられていたシーンは3つ

・裏を取られてしまう、
・ピヴォにボールが納まり、ターンされてシュート
・ワンツーで崩される


1対1で勝負されてやられるシーンはなかった(対応出来ていた)

チームとして守る方法を試合中言っていたが
チームとして、組織として守るよりは今は1対1、個人を磨くことを優先

ピヴォ当ての処理は植ちゃんが提起していたような形で、守れる。(上述参照)


ワンツーの処理は、
行き過ぎて、空いてしまったところを出されてやられているから
抜けてきたタイミングで体を使う、体を当てる。
最悪ファールで止める。(それくらいの感覚で。ファールにならないこともある)

又はワンツーが来そうな時は詰めすぎない、ある程度距離を持ってついていく。

その辺りを徹底出来れば、無失点で終われる思う。







●オフトピックス

・あかねちゃんがまた観戦に来てくれました!!!

というわけでこの南風吹き荒れる中でも試合に駆け付けてくれた、
あかねちゃんにホントに感謝、感激、雨、嵐!です。
(某アイドルの曲のタイトルを引用していますが、お気にせず)

また時間があればよろしくです。(o^-')b




●雑記

最後に…、
ミスを重ね、落ち込み、自分に苛立っているそんな時、
私を救った言葉を残してこのブログを閉じたい。

偶然にも金曜日はたつやに、土曜日は植ちゃん、西村さん、太ちゃんに同じ意味合の言葉をかけてくれた。

ミスしたときチームに迷惑をかけてしまうと思って、無難なプレーをするくらいなら、ミスを恐れず、自分の思ったプレーを貫くべきだと、チャレンジすることの価値を説いてくれた。
ミスを取り返す位の気持ち、どんどんミスするくらいの気持ちでいること


練習試合だからこそ、リスクを背負える。
その勇気を持つことを、その心の持ち用を強く言葉にしてくれた。

まだまだ拙い私ではあるが言葉を信じプレーしていると、試合の後半は自分なりに持ち直せたように思う。


要はポジティブ・シンキングなわけだがその在り方ひとつでどれ程気持ちが軽くなり、考えに余裕が生まれるか。
この言葉が今後の自分にもプラスとなり、他の人の心の支えになれば幸いだ。



今回…超長い。
失礼しました。





〈了〉


posted by イーストヒルズ at 07:47| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


marukatu.JPG
疲れたときは↑をクリック!
banner.JPG

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。