2012年07月28日

8月スケジュール

3日(金)
練習
22:00〜24:00(22:00〜22:45まで下の駐車場でアップやフィジカルなど)
@ASPAフットサルクラブ


4日(土)
練習
18:00〜21:00
@平群総合体育館



10日(金)
練習
22:00〜24:00(22:00〜22:45まで下の駐車場でアップやフィジカルなど)
@ASPAフットサルクラブ


15日(水)
三郷学年対抗フットサル大会
17:00〜20:30予定
@平群総合体育館






17日(金)
飲み会☆
20:00〜22:00予定
@JR奈良近辺の笑笑、予定
※詳細は、追って連絡します(^-^)/



19日(日)
練習
18:00〜21:00
@平群総合体育館



24日(金)
トレーニングマッチ
VSデリシア&MFP奈良
21:30〜24:00
@MFP奈良


26日(日)
TM、VS Gran Tiro(奈良3部)
20:00〜22:00
@FEEL橿原




31日(金)
22:00〜24:00(22:00〜22:45まで下の駐車場でアップやフィジカルなど)
@ASPAフットサルクラブ







※金曜日の練習や体育館での練習がトレーニングマッチに変わる場合もありますので、
その場合はまた連絡します!!


よろしくです☆
posted by イーストヒルズ at 19:03| Comment(0) | 連絡事項・スケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

DMCJOYサマースクール

みなさん暑い中お疲れ様です!つっちーです^^

今日はDMCJOYのサマースクールに初めて参加しました。
サマースクールはDMCJOYが主催で夏休みの朝に行う少年サッカースクールです。
代表と二人でアシスタントスタッフとして参加します。

120727_121645.jpg

代表は24日から参加していますが、僕は今日初参加でした☆
個人技術の向上ということで、ボールタッチやドリブル中心のメニューで練習しました。

僕はDMCJOYの子を土日にいつも指導しているので、ほとんどいつもどおりでしたが、
代表は1年に何度か顔を見せる程度で、ほとんどの子とサマースクールが初対面のはずです。
しかしもうみんなと打ち解けて楽しそうに、そしてしっかりと指導していました。さすが!!

120727_113028.jpg

暑い中みんな頑張ってボールを追いかけていました。
僕達も、子供たちから元気をもらえました。
熱中症に注意してたくさん練習してたくさん上手になってほしいですね。

120727_121432a.jpg


試合で勝ち、強くなっていくことも大事ですが、
今回のように、いろんな形で地域に貢献できるチームになれればいいなと思います。

もしイーヒルで何かお手伝いできることがあれば、気軽にご連絡ください。
お待ちしています。


今日はこのあと9時半から練習試合!頑張ろ☆
posted by イーストヒルズ at 19:28| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

7月20日の練習

まさつら改め、にっしんです。


7/20の練習報告致します。


場所/ASPAフットサルクラブ

時間/22:00〜24:00


メンバー/狩野(#10)/太田(#20)/中谷(#6)/斎藤(#9)/植田(#16)/小南(#11)/槌野(#15)/西村(#17)/たくま/オグ

練習生/神波/中野さん/ジュン/ひでと



●練習メニュー

・ポゼッション

・クアトロ→シュート(1、2パターン)

・シュート練習(パス→シュート、2対1)

・ゲーム
(前プレ→ハーフ/ゾーン※クアトロ意識)




●Pickup
・ゲリラ豪雨の申し子達



文頭からいきなり余談だが、雨の回のブログがホントに多い。

先日の練習試合では遂にハリウッドの力を借りて?「ロード・トゥ・パーディション」まで登場する始末。

そしてこの日も22時〜始まる中で始まって即、(※)ゲリラ豪雨というなんともタイミングが良すぎる雨に苦しむ。
そして貴重な1時間を犠牲にするハメに。
(今後はこういった事態の際にもモチベーションが落ちないように工夫していきたいと思います)


例え話として私が書くブログでは大いに力を授けてくれているが、実は私は雨は好きではない。

しかしながら恵みの雨と古(いにしえ)から言い伝わるように…イーヒルの、そしてフットサルの面においても必ずや私達に恵みを与えて貰えるものと信じ、22:45〜私達はフィールドに入り、気合いと集中力というハイブリッドな存在を一気に高め、スタートするのであった。
今後も雨の餌食になるかもしれないが試練というよりは善き導きと捉えよう。
そうなれば私達は雨男…というよりは申し子と比喩してもいいだろう。


(※)ゲリラ豪雨
→突発的且つ局地的に豪雨に晒される俗語。
調べて見たところ、これに相当する言葉は世界的にはないらしい。

この豪雨は10km圏内程度の狭い範囲に短時間に猛烈に降る。
短時間に基準を上回る雨量である為に短時間であっても処理が間に合わず都市型洪水を発生させるのがこれの原因。
この豪雨の原因としてヒートアイランド現象と地方風によって積乱雲が一気に、そして著しく発達することが、可能性として指摘されている。



・ポゼッション

私が思うにこの練習で求められるのは…

1.素早い切り替え
2.パスの精度
3.的確な判断力
(敵味方の判断、パスを繋ぐためのポジショニング)
4.振り分けられたグループ内でのディフェンス力(ここには組織力、統率力も勿論必要とされるところ)


この上記のポイントが短時間の間に幾度と求められる。

特にピッチコンディションも優れてない中では基礎力も求められるので非常にチームには良い練習になっている。

しかしながら、私を含め基礎力が低いまたはピッチに足をとられミスを頻発した者がいるのも確かである。

土曜の練習では基礎的な部分も盛り込まれていたが実際なかなか足元にぴったりといかない自分のふがいなさを痛感する辺りを思うと…まだまだだなと。

この練習の度に、(というより私の場合は全てのメニューにおいてだが…)哀切のラブストーリーの様に胸が痛む。



・シュート練習
以前からシュートレンジのなさ、精度の低さ等…
問題点として上げられてきたが、
矢張りこの点に関しては今後も言及していかなければならないところだ。


この日のシュート練習もまだまだだなと。


なんせ枠にいくシュートが少ない!


以前より声高に言われているようにゴレイロの練習にもならない。

もう一度、一球一球に集中してシュート練習に励もうではないか。


安易に比較するのは危険だが、先日見学してきた関西リーグの試合を見ていると

矢張り自分達のレベルアップは必然だ。



ミドルシュートやフィニッシュに絡む人数(という事はイニシアチブを勝ち取らなければならない=運動量が自ずと必要なのは明白…)、ファー詰め、ドリブルで持ち込んでの目の覚めるようなシュート…。

この日の試合に詰まったありったけの見所には私達が見て学ぶべきところがそれはそれは沢山あった。
(今度、是非みんなで見に行こう!練習よりも大事なものもきっと見えてきたり、見つかるはずだから)


単に手数や冒険心溢れて枠の外へ飛んでいくようなシュートが多いだけでは何も見栄えしない
そう(※)ルイ・ベルソンのようにツイン・バスドラでも幾多のリズムチェンジと、千手観音とも評すべきシンバル・ワーク…
つまり聞かせどころ=関西リーグでみたような機知(バラエティ)にとんだプレーの数々にこそ
本来私達が見いだそうとしている「見る者も楽しめるフットサル」に近づくのだと思う。
何をシュート練習に長文を割いてジャーナリストを気取ってるんや!と思うなかれ。

3部リーグを戦うのに、始まってからでは遅いのである。去年を戦った者なら身に染みているはずだ。その為に何が大事なのか、各々見えてきてるのではないか。

だからと言って焦りは禁物だ。

「急がば回れ」である。


これが大事。



(※)ルイ・ベルソン
→ルイ・ベルソン(1924-2009)

1924年イリノイ州生まれ。
3歳でドラムを始めたという。10代頭角を表し、ベニー・グッドマンの楽団、デューク・エリントンのオーケストラで短い期間ながらも花形ドラマーとして活躍。
60年代はバディ・リッチとともにビッグバンド・ドラマーのリーダーとしても双璧をなす。

ちなみにエリントンの楽団に在籍中に録音された
「Skin・Deep」は名演のひとつ。




・ゲーム

皆はこのゲームで何を感じたろうか。


槌野は課題を提起し、中谷はこの意見とは真逆ともとれる肯定的見解をだした。

どちらも間違いではないし、言論の自由だから様々な意見があって良いと思う。

現に私は自分の持ち味のスピードや、ドリブルを幾らか上手く出せた半面、2試合目のセットは誰の目から見ても判るくらいディフェンス〜クアトロはまさにバタバタ感満載だった。


しかし改めてジュンと同じセットを組ませてもらえたことで見えた課題もあるのは確かだ。

その時は怒鳴られ、自身にとってもチームにとってもマイナスだったプレーも終わってみて話を摺り合わせたことでお互いが何を求めてプレーしようとしていたかがわかる。

恐らく中谷はこういった今までには見られなかった熱い話し合いの光景を目にし、プラスとなるところを感じたから槌野とは真逆の意見が出てきたのだと思う。

勿論、このような部分は当事者達しか感じ得ない事だが、これがプレーの即時修正へと繋げれるかが次のステップなのだろう。

オグのように反省点として自身のプレーを見つめ返すことも出来れば、
神波のようにひとつひとつ自分が勘と体力を戻してきている事も確認出来ている。

また植ちゃんのように3rdセットが即席でも一番自由にのびのびとプレーしていたのでは?と、冷静に意見する言葉も出てきた。
この日のゲームには様々な角度から見て取れる部分があっただけに是非、ブログのコメント欄を活用いただいて様々な意見を頂戴したいと思う。





●オフトピックス

・こみっち沖縄へ。


遂にこの日が来たのかと。
なんだか感覚的には全く信じられない。

ドッキリじゃないだろうか…とかね笑。


あまり公にしたことはないが、実を言うと私は彼の持つスピード感、素早いプレッシング、ゴールへの執着心に心酔していた一人である。


別に今生の別れではないのだから慟哭する必要も無いし、ましてや重い駄文をねちねちと書き上げる必要もないわけだが、
ちょっと付き合っていただきたい。

私はこみっちとお互いのストロングポイントを生かして相手を執拗に追いかけ、ボール奪取からスピードを生かして一気にシュートまで持ち込む…
そんなディープ・インパクトをチームに植え付けたかったがその夢もお預けとなってしまった。

私の夢はともかく…


ただ元気に戻ってきてみんなでフットサルができれば良いなと思う。



最後に…ブログを書く者の半ば職権乱用だが、音楽バカの私から是非オススメする音楽をここに記して今日のブログの締めとしたい。
プレゼントは出来ないが、こみっちには john mayerの「Born And Raised」というアルバムを手持ちの音楽ライブラリに加えてほしい。
最高のミュージシャンでもってカントリーとブルースとロックが絶妙に絡んだこのアルバムには聞いているその瞬間に目に映る光景を最高にときめかせ、自分を包む大いなる自然をより美しくみせ、なによりも心底疲れた時に聞けば土の香りのするオーガニックなサウンドから郷愁にかられる筈だからだ。



ときにそうやってセンチメンタルな心を優しく包み込んでくれると思う。





また早いうちに会いたいものだ。

いつでも待っているぞ、イーヒルは。






〈了〉
posted by イーストヒルズ at 20:44| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


marukatu.JPG
疲れたときは↑をクリック!
banner.JPG

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。