2012年09月29日

9月29日の練習

どうも西村改め、にっしんです。

では早速今日の練習報告から
いきましょう!(◎_◎;)

メンバー
狩野、杉田、西村、誠、中谷
喜多、室田、起也、太田、+謎の青年A

本日より謎の青年Aこと
田川(た、が、わ)って名前の
方が復帰しました!
皆さんご存知ないかと
思いますが仲良くして
あげてください(´Д` )笑

練習メニュー
3チームのポゼッション
対面パス
イタリア式対面パス
ラダーからのシュート
(ラダーは3種目)
クアトロ
1対1
カウンター練習1対1〜4対4
ゲーム
シャトルラン

練習前、監督からの一言
(今日はフィジカル中心でしっかり走る)
ガーン( ̄◇ ̄;)
脳裏に杉田君の倒れる姿がよぎる。
案の定杉田君は最後倒れてました!笑
練習開始早々イタリア式の走る対面パス
これがかなりキツかった(´Д` )
他にも走ってからシュート
ゲーム終わってすぐ走ったり
とりあえず走ってばかりでした。
鬼の監督、狩野。笑


監督から指摘もあったように
1stも2ndもクアトロがまだまだ
使い物にならないのでそこは
もっと意識してやりましょう!
今日はディフェンスはボールを
取らない感じでしたが
試合で使うにはディフェンスが
本気で守備してでも
クアトロが出来るくらいじゃないと
試合では使えないので
それを目指してやりましょう。

試合まで一週間しかないので
全員で勝つイメージを持って
試合でドンドン練習したことを
チャレンジしていき
優勝しましょう!
守備は意識高く、切り替え早く
攻撃は楽しく、引き出しを増やして
やりましょう!


最後に今回ブログを書いたのは
にっしんさんではなく
喜多でした!笑
ではー







PS.今日バイトで欠席の
オグは実は合コンにいってます!笑

posted by イーストヒルズ at 22:44| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

10月スケジュール

見学や応援は自由なので、いつでも来てください☆




5日(金)
練習
22:30〜24:30
@ASPAフットサルクラブ




7日(日)
奈良県チャレンジリーグ開幕戦
終日
@香芝フットサルパーク
※時間は当日10時から行われる代表者会議にて決定します。






12日(金)
未定
(トレーニングマッチor飲み会)




14日(日)
トレーニングマッチVS旭屋(大阪1部)
19:00〜21:00
@フットサルガーデン狭山
※予定なので変更の可能性あり



19日(金)
練習
22:30〜24:30
@ASPAフットサルクラブ



20日(土)
トレーニングマッチVSカンパニョーロ(奈良2部)
20:00〜22:00
@ラボーナ高山






26日(金)
トレーニングマッチ
VS MFP奈良&デリシア
21:30〜24:00
@MFP奈良



28日(日)
練習
18:00〜21:00
@平群総合体育館










※金曜日の練習などトレーニングマッチに変わる場合もありますので、
変更ある場合は至急連絡します。
(ブログの内容も変更しますね)





よろしくです。
posted by イーストヒルズ at 00:16| Comment(0) | 連絡事項・スケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

9月22日の練習試合

まさつら改め、にっしんです。

更新遅くなりました。
申し訳ございません。


9月22日の練習試合報告です。

時間/23〜25時

場所/FEEL橿原





メンバー/
狩野(#10)/杉田(#21)/斎藤(#9)/西村(#17)/喜多/小串


対戦チーム/
・REGEL
・don't have to

Score/
1.don't have to
1−3
得点/杉田1

2.REGEL
3−3
得点/喜多2 杉田1

3.don't have to
1−0
得点/杉田
4.REGEL
3−0
得点/杉田1/狩野(喜多)/喜多
5.don't have to
0−0





●Match Review

・突然の連絡が舞い込んで。


もはや、ここまでか。

金曜日の練習後の私の心情だ。
…およそリーグ戦を前に控えるプレーヤーとは思えぬ状態で、憔悴(しょうすい)していた私に、土曜の晩に一つのメールが届いた。

それは急遽きた練習試合の申し出で人が集まり次第参加する…

そういった趣旨のメールだった。

しかしまさにこの突然の連絡が私の心の中の何かが脈打ったのだ。

これは行くしかない。
前日から引きずるこの気持ち。
自分を変えるのは自分しかいない、変わるための何かきっかけや答えがあるはず…そう思った私は直ぐさま返信した。


「参加します」と。



集まると人数はミニマム、5人だった。(誠もその後合流し6人となった)


そして強く降りしきる雨の中、急遽セッティングされた練習試合に私達6人が挑むのであった。



×don't have to

このチームは現在、1部を戦っているチームとのことだったのだが、この日は明らかに本気モードでは無かったが、

私はこの日のメンバーでこのチームと戦えたのはかなり貴重且つ大きな財産になったのではないかと思う。

一つは、少なくとも実践感覚がの今のイーヒルよりリアルであるからだ。

仮に本気でなくても、仮にベンチメンバーがメイン…だったとしても今現在、彼等はチーム内の練習や、試合へ帯同、出場してるという事はリーグ戦を控えてる私達以上に感覚は冴えている。


二つ目は、サブメンバーが試合に出続けれた事だ。

これは非常に大きい。

誠、オグ、私は現時点では厳しい立場にいる。

しかしながら必要なのは実戦経験だ。
練習での手応えも勿論、上述の3人には必要だがそれを実践していかなければ成長のサイクルは途切れるわけだ。

代表も最後に言っていたが…、
主力より劣っているからダメ、とかは考えなくていい、寧ろ俺が引っ張る位のエネルギーが求められているわけで…
そういう意味では良い相手を前にしていろいろと勉強出来たはず。
失敗や、こうした相手に立ち向かった事で何を感じ、活かせれるのか。

そっちのほうが大事である。



試合は、やはり相手が一枚も二枚も上手であった。
ボールを奪うポイント
攻守の切り替え
対人の強さなど

集中力が途切れるものなら一気にスイッチをONにして獰猛なプレッシングを仕掛けてくる非常にシステマチックな強さを持ったチームだった。
1試合目を終わり、直ぐさま守備の立て直しを図った事で
よりチーム内で明確な指標が出来たことが残りの試合を非常に価値のあるものに出来た点と言えよう。
ボールを保持すればアラの位置をフィクソのラインまで落とし三枚つくる。
そしてこの3人が個々の強さを全面にだしてタクトを振っていた。

狩野、杉田、喜多。

特に喜多はまるでピッチ全体に目を置いているかのように総てを見渡し、掌握し、起点になっていた。

そして攻撃に推進力を与えるなど、攻守に存在感を発揮していた。

代表もイタリアから帰還し、何かプレーもよりシンプルに見えたのは私だけだろうか?。
めり張りがあって見ていて刺激を得た。

すぎっちはやはり強烈なるシュートと1対1に強いことで、これ程チームを牽引出来るのか得点という結果でもってデモンストレートしていた。


だからdon't have toとの2試合目は非常に攻守にスパークル散る価値ある練習試合が出来たと思っている。
相手の寄せ、フィジカルを体感しながらも主軸メンバーと1試合を通してプレー出来る刺激。

私は素直に嬉しい試合が出来たと思っている。

すぎっちの射抜くようなシュートも一緒にフィールドにいることで感じるものもある。


誠は勿論のこと、オグも相手から放たれるプレッシャーなり、強烈なシュートを体感出来たりと得た物が大きかったのではないだろうか。



×REGEL

久しぶりの再会とでもいえようか。
去年からチームに居る方なら、尚更ご存知のREGELと久しぶりのマッチアップ。
(このチームは今季どうされるんだろうか?)


やはりこのチームの個人能力や、ポテンシャルは高い。

もっともこのチームはもっとフットサルを知りさえすれば更なる脅威を相手に植え付けられるのだが…

試合は上述のスコアが示すとおりだがチームとしては慌てることなく(相手に適応または落ち着きを取り戻したというのが正論)

思いの外、各々がチャンスを作り良い展開に持ち込めた試合だったと思う。
まだまだカウンターや、ファー詰めに課題を残しながらも前者の方ではきっちりと点数を取れている。
個人技があったにせよ、良い雰囲気は構築されていた。


ただやはりこの日2ndのメンバーは(誠と私)フィニッシュの精度や、考える力が弱い。
常にどう展開すべきかを考えながら動かない事には一々止まっていては前進どころか、プレスの応酬にあってしまう。

そしてそういう意味に於いて言えば守備面の課題はよりヴィヴィッドに浮き彫りとなった。

簡潔に言ってしまえば、不用意なパスを通し過ぎということだ。

目立つのは縦パスなんかを、集中力が切れたタイミングでスパッと通されるところなんかは自分を含め、何度か目にした。

縦パスに限らず、不用意なミスも時折あったのも確かである。
そういう時に相手と見比べていると感じるのは、
ファーストディフェンスの質、連動性が問題なのではと。あくまで個人的な推論だが、
ファーストディフェンスに入ったプレーヤーが動き出した瞬間、残りのフィールドのメンバーが連動する。
つまりゾーンで守ってやっている以上は綻びが生まれるのは許され難い。
という事は高い連動性がなくてはファーストディフェンスは独りよがりの様なもの。

ファーストディフェンスを起点にカバーリングとプレスをかけていく。サイドのスペースを攻撃されたらどう動くか、中央を突かれそうだったらどう動くかを常に集中し、考え、感じなければならない。
帰り際に代表や、喜多からそういう指摘があり、改めてその意味をチームに、自身に問う必要を感じた。

例えば、常日頃声高に言われてるのは声。
ディフェンスを仕掛けるプレーヤーがアナウンスすることでより高い共通理解をもって動ける。
そういえばだが、以前私がピヴォの位置から安易にプレスを仕掛けパスを通され失点した際、
槌野や起也、植ちゃんは特にピヴォの位置からディフェンスを仕掛ける意味を教えてくれた半面、独りでに飛び出すことがどれ程危険なのかを口酸っぱく指摘してくれていたことを思い出す。
そしてその際に重要なのがまた「声」であることも教えてくれた。

しかし「声」の効果はそれだけではない。
相手の心理面にも大なり小なり影響を与える力を備えている。
更に言えば声を掛け合う事でチームのバランスや、落ち着きまたは鼓舞にもなるのだ。

今後、いかにチームにその組織だった雰囲気なりを作って浸透していけるか。

大きな改革より、少しでも改善出来るポイントに目を向けていかなければならない。
幸いと言ってはなんだか的を外した言い方ではあるがこの一年間、嫌な負け方もすれば嫌なミス、失敗を積み重ねたからこそ見えてきたものもある。
そこに気付いて前進出来ていることは必ずいい結果に繋がっていくものであると信じたい。



私自身も試合後、喜多から再三再四指摘されていたポジショニングや、動き、ボールの貰い方から受け方、シュートに至る全てに関して、ある一言で私に答えを提示した。

「にっしんさん、とにかく僕を見て学んでください!」
今の私には何よりも刺激的で栄養になる言葉を貰った。

何が自分に足りてなくて、改善しなくちゃいけないのか…言葉の使い方としては不適切だが
気持ちとしては舐め回す位観察しないと今の私にはダメな気がする。
勉強させて頂きます。


まあ、喜多に限らず…今のチームには指針となる存在に私は恵まれている。
もっとも身近な存在から得るものは大きいという事だ。

最後に強引だがこの日は私に限らず、誠にしても局面の判断や攻守の切り替え、ゴレイロとして連続出場出来たオグにしても刺激があって、大いに経験値を積めた練習試合になったと思う。
今回はあまりに唐突に入った練習試合だったが
各々が何かを感じ取れたという意味においては大きな糧を得た練習試合であったと総括して今回のブログを終いとする。



●オフトピックス
・オグ、ブログデビュー!!!!!

ということで!遂に我イーヒルの最年少プレーヤー小串ことオグがブログデビューです。
今回の9/21の練習の回がデビュー作となったわけだがみんな読んで頂いただろうか?
デビュー作とは思えない位の達筆ぶり!

こういう文章を生み出してくれて私は嬉しい。
思えばこのブログ担当という役職・人事には紆余曲折があった笑
それぞれが全く違う独自のベクトルから発信出来ているのは実に素晴らしい。
今後もこのポストは大変ですがオグには重荷と捉えず思う存分に思ったことを伝えて欲しいです!

バランス感抜群の槌野、簡潔に伝えるむろっち、そして超マニアック長文の私の3頭体制からゴレイロ&最年少という立場からクレバーに文章を紡ぐオグを加えた4頭体制にしたことで
よりホットによりラジカルでそれでいてアメージングなEast Hillsをチーム内外に発信出来る思います!!!

というわけでこれからもイーヒルを、そして我らブログ陣をよろしくお願いいたします。





〈了〉
posted by イーストヒルズ at 22:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


marukatu.JPG
疲れたときは↑をクリック!
banner.JPG

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。